保育士の求人は求人情報ナビ+V/福祉の募集・仕事情報が多数!

保育士・幼稚園の資格情報

就職・資格ガイド保育士、ベビーシッター、栄養士になるには?
ココで紹介した以外にも福祉・保育のお仕事をご紹介!

就職・資格ガイドはこちら!

保育士・幼稚園の新卒就職情報

就職・資格ガイドココキャリは保育園や幼稚園、学童保育に就職したい学生向けの就職情報サイトです。保育士・幼稚園教諭・児童指導員などの資格を生かした就活ができます。

就職情報はこちら!

求人企業募集中

求人情報ナビ+Vに求人広告を掲載しませんか?広告掲載のご案内をご覧ください。

保育園とベビーシッター!利用料が同じならどちらを選ぶ?

【質問】
同じ金額だった場合、保育園とベビーシッターどちらを利用しますか?
【回答数】
保育園:89
ベビーシッター:11

子どもを預ける場所の有無は大きな社会問題にもなっています。共働き家庭はもちろん、親戚の用事などで子どもを連れていけないとき、子どもを預けられるところがあると安心できますよね。0歳児からを対象とする保育園は代表的ですが、ベビーシッターの存在も見逃せません。預け先を決めるときの条件として、利用料も無視できないのではないでしょうか。そこで、利用料が同じ場合、保育園とベビーシッターのどちらを選ぶかについて、お子さんのいる100人の男女を対象にアンケートを取ってみました。

 

9割近くの人は保育園!同年代の子どもや多くの人と触れあえる

アンケートの結果、「保育園」と答えた人が多く、全体の約9割に達することがわかりました。

・多くの同年代の友達と接することで思いやりや協調性を学ぶことができると思うからです。(40代/男性/個人事業主)
・保育園の方がお友達も沢山いるし設備が充実しているので生活しやすい気がするので(30代/女性/パート・アルバイト)
・ベビーシッターは、一対一なのでそのシッターの性格によって変わってしまう。保育園は様々な方の意見や規則で成り立ってるので安心。(30代/女性/専業主婦(主夫))
・年齢にもよりますが、保育園を選ぶと思います。理由は、自宅に他人を入れる不安があること、そして保育園で学べる他者とのふれあいを期待することです。(50代/女性/専業主婦(主夫))

保育園では、同年代の子どもだけでなく、多くの人と触れあえることが大きな魅力のようです。家にはない遊具などで遊べる利点も挙げられています。自宅に来てもらわなくて済むため、生活領域に踏み込まれるストレスがないのがうれしいですよね。より多くの人と同じ時間を過ごすことで社会性が身につくメリットもうかがえました。子どもの年齢など、保育園を利用する背景は各家庭にもよりますが、継続的に預けたい人は保育園がおすすめと言えるようですね。

 

個々の事情に合わせられるベビーシッター!1対1になれる利点も

一方、ベビーシッターを希望する人の意見も気になるところです。

・外出する時間がもったいないので自宅まで来て欲しいから。迎えに行く手間もいらない。(40代/女性/個人事業主)
・時間帯や内容など、保育園だと一辺倒だけれど、シッターさんだと融通が効くような気がします。(30代/女性/パート・アルバイト)
・保育園だと数人に先生一人ですがベビーシッターなら一対一なので丁寧に対応してくれると思うからです。基本的に毎日預けようとは思わないので、自分のいい時にいい時間だけ来てもらうほうが私は便利です。(20代/女性/専業主婦(主夫))
・保育園は多数の児童がいることから、風邪やウイルスをもらいやすく、衛生面からみてもベビーシッターの方が優れていると考えるためです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

子どもを送迎する手間が掛からない、預ける側の都合に合わせてもらえるなど、ベビーシッターの特徴が挙げられています。必要なときだけ利用できることも有り難いようです。自宅で1対1の関係になるため、子どもの性格などによっては向いているかもしれません。他の子どもと一緒に遊ぶことはできませんが、風邪などをうつされる心配が少ないこともわかりました。このように、いろいろな長所があるベビーシッターですが、子どもを一時的に預けたい人などが有効活用するとよいかもしれませんね。

 

保育士や潜在保育士のみなさんが働き方について考える機会に!

アンケートの結果、子どもを預けるときは「保育園」と答えた人が圧倒的に多く、全体の9割近くを占めることがわかりました。集団生活の中で協調性を身につけられることが保育園を利用する大きなメリットだとうかがえます。一方、子どもと1対1で向き合ってもらえる利点から、ベビーシッターの存在も注目されているようです。保育士とベビーシッター、いずれも小さい子どもを相手にする大切なお仕事です。また、保育士資格を持っている人は、ベビーシッターのお仕事に就くときに有利かもしれません。保育士や潜在保育士のみなさんは、これを機に、自分の働き方について考えてみてはいかがでしょうか。

求人情報ナビ+Vは日本初の「保育士・幼稚園教諭専門」求人サイトです!

保育園・幼稚園の求人なら求人情報ナビ+V!

求人情報ナビ+Vは2005年に運営開始した日本初・日本最大級の保育士求人、幼稚園教諭募集サイトです。東京、千葉、神奈川だけではなく大阪、兵庫、京都など全国の求人を随時更新しています。保育園・幼稚園・学童保育・幼児教室・児童デイ・院内保育所など様々な保育・教育施設の求人広告を掲載しており、雇用形態も正社員を中心にアルバイトやパート、派遣など、転職・就職を考えている保育士さん、幼稚園教諭さんのライフスタイルに合わせた、ぴったりの求人を探すことができます。掲載実績も2,600社5,100施設以上あり、毎日のようにコンサルタントが掲載内容をチェック。最新の求人情報をしっかり掲載しています!

保育士・幼稚園教諭の方々が「知りたい」情報のみ掲載!

保育士・幼稚園教諭の皆さんが転職するとき、一番求人で気にしている職場環境や保育方針、理念を分かりやすく写真で表現したり、テキストで書き出しているので、直感的に仕事を探すことができます。求人広告にご応募していただいたら、掲載されている各保育園・幼稚園から応募者様に直接連絡が入ります。そのあとの選考の流れは各施設によって異なりますので、面接の有無や選考方法など必ず確認するようにしましょう。保育園・幼稚園の求人に応募するときは、特に志望動機をしっかり記入するのがコツです。皆さんが、その保育園・幼稚園で働きたいと感じたポイントをしっかり伝えましょう!

保育園・幼稚園は人材不足!だからこそ、転職者にぴったりの職場を紹介したい!

非公開求人ゼロ!雇用元はすべて公開されているので安心です!

求人情報ナビ+Vが掲載する求人広告には非公開求人はありません。求人掲載をしっかり公開できる案件に限定して掲載しています。もちろん雇用元も全て公開。転職する皆さんが安心して見比べてもらえる求人を掲載しています。求人に応募するにあたって雇用元の確認はとても重要です。求人情報には、給与や労働条件の表記にも厳しい掲載基準を設けて、専任のプロ求人ライターが常に監視をしているので、最低賃金や労働時間など法律順守しています。

認可保育園や公立保育園、幼稚園など様々な求人があります!

ぴったりの職場を探すためには、認可保育園や認可外保育園、社会福祉法人や学校法人、株式会社といったハード面だけでなく、その保育園で働いている保育士さんの様子や幼稚園で働いている幼稚園教諭さんの仕事の様子を実際に園見学に行った時に見てみましょう!子どもの様子を見たり、一日ボランティアで保育園・幼稚園で雇ってもらうのも一つの方法です。職場には保育園・幼稚園だけではなく障害児支援施設(児童デイ)や学童保育所、院内保育所や事業所内保育所、児童英語教室、児童養護施設などがあるので、求人広告の掲載内容をしっかりと確認して、メールで応募、もしくは電話でお問い合わせをしましょう。

下記の検索条件で、さらに求人情報を探すことができます。

地域で求人情報を探す