保育士の求人は求人情報ナビ+V/福祉の募集・仕事情報が多数!

保育士・幼稚園の資格情報

就職・資格ガイド保育士、ベビーシッター、栄養士になるには?
ココで紹介した以外にも福祉・保育のお仕事をご紹介!

就職・資格ガイドはこちら!

保育士・幼稚園の新卒就職情報

就職・資格ガイドココキャリは保育園や幼稚園、学童保育に就職したい学生向けの就職情報サイトです。保育士・幼稚園教諭・児童指導員などの資格を生かした就活ができます。

就職情報はこちら!

求人企業募集中

求人情報ナビ+Vに求人広告を掲載しませんか?広告掲載のご案内をご覧ください。

保育園とベビーシッター!利用料が同じならどちらを選ぶ?

【質問】 同じ金額だった場合、保育園とベビーシッターどちらを利用しますか? 【回答数】 賛成:89 反対:11 子どもを預ける場所の有無は大きな社会問題にもなっています。共働き家庭はもちろん、親戚の用事などで子どもを連れていけないとき、子どもを預けられるところがあると安心できますよね。0歳児からを対象とする保育園は代表的ですが、ベビーシッターの存在も見逃せません。預け先を決めるときの条件として、利用料も無視できないのではないでしょうか。そこで、利用料が同じ場合、保育園とベビーシッターのどちらを選ぶかについて、お子さんのいる100人の男女を対象にアンケートを取ってみました。   9割近くの人は保育園!同年代の子どもや多くの人と触れあえる アンケートの結果、「保育園」と答えた人が多く、全体の約9割に達することがわかりました。 ・多くの同年代の友達と…<続き>

詳しく見る

人生の転機ともいえる転職!これまで転職した経験は?回数は?

【質問】 これまでに転職したことは有りますか?回数を選んで下さい 【回答数】 0:29 1:17 2:18 3:17 4:4 5以上:15 終身雇用にこだわらない働き方が注目されています。また、家庭の事情などで仕事を変わる可能性もあるかもしれませんね。そのとき、同じ系列の仕事に就くだけでなく、別の職種を探す人もいるのではないでしょうか。転職をするためにはタイミングも大切になります。資格や免許を持っていると転職に役立つこともあるかもしれません。そこで、転職の経験や回数について、成人男女100人を対象にアンケート調査を実施しました。   約3割の人は転職経験なし!中には転職に踏み切れない人も アンケートの結果、「0回」と答えた人が最も多く、全体の約3割になることがわかりました。 ・今まで転職する必要性がなかったので、転職をしたことありません。(20…<続き>

詳しく見る

保育園や幼稚園時代について質問!印象に残っている先生の特徴

【質問】 保育園・幼稚園で印象に残っている先生はいますか? 【回答数】 いる:86 いない:14 幼稚園や保育園での集団生活は、子どもが社会性を身につける絶好の機会です。また、子どもにとって先生は頼りになる存在ですよね。保育園・幼稚園の先生は、多くの子どもを同時に指導しながら、個々に配慮する必要がある仕事。ときには、子どもを叱ることもあるかもしれません。そこで、自分自身や自分の子どもが幼稚園や保育園に通っていたときに、先生から叱られた経験があるかについて、男女100人のみなさんにお話をうかがいました。   9割近くの人は印象に残る先生がいる!先生への感謝の気持ちも アンケートの結果、先生に叱られたことがあると答えた人は全体の7割を超えることがわかりました。 ・音楽の楽器の練習中に何度もよそ見をしていたため、怒られました。(40代/女性/専業主婦…<続き>

詳しく見る

どんな時に?幼稚園や保育園で先生に叱られた経験について

【質問】 幼稚園・保育園に通っている際、先生に叱られたことは有りますか?(※自分のお子さんのことでも大丈夫です。) 【回答数】 はい:74 いいえ:26   幼稚園や保育園での集団生活は、子どもが社会性を身につける絶好の機会です。また、子どもにとって先生は頼りになる存在ですよね。保育園・幼稚園の先生は、多くの子どもを同時に指導しながら、個々に配慮する必要がある仕事。ときには、子どもを叱ることもあるかもしれません。そこで、自分自身や自分の子どもが幼稚園や保育園に通っていたときに、先生から叱られた経験があるかについて、男女100人のみなさんにお話をうかがいました。   7割以上の人は先生に叱られた経験あり!中には呆れられてしまったケースも アンケートの結果、先生に叱られたことがあると答えた人は全体の7割を超えることがわかりました。 ・音楽…<続き>

詳しく見る

絵本は心の財産!マイナーだけど子どもに読み聞かせたい作品は?

小さいときの経験は一生の財産になります。そのためには、子どものまわりにいる大人たちが子どもにとって学びの機会を提供することが必要です。絵本の読み聞かせも大事ですよね。いろいろな絵本があり、幼稚園や保育園などで読み聞かせの機会があるかもしれません。そのときは、あまり有名ではない絵本も選択肢に入れることが大切ではないでしょうか。そこで、子どもに読む絵本の中であまり知られてはいないけど、お気に入りの作品について、お子さんのいる男女100人を対象にアンケート調査を実施しました。   子どもに人気の絵本はリズム感があって楽しめる内容! アンケートの結果、「リズム感が良いもの」に次いで「体に関するもの」「擬人化したもの」といった人が多いようです。 ・だるまちゃんとてんぐちゃん。だるまちゃんとてんぐちゃんのほのぼのとした掛け合いが良い。(40代/男性/公務員…<続き>

詳しく見る

子育てツールに最適!次世代に伝えたいお気に入りの絵本とは

絵本は文章の他に絵が付いているため、小さい子どもでも楽しく読むことができますよね。子どもに同じ絵本を何度も読み聞かせたという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、大人でも何度も読みたくなるような魅力ある絵本は何かと、なぜその絵本が好きになったのかの理由について、100人の子どものいる男女にアンケート形式で聞いてみました!   やっぱり自分が子どもの頃お気に入りだった絵本が人気! アンケートの結果、「ぐりとぐら」「はらぺこあおむし」「のんたん」の人気が高く、世界的にも有名な古典童話も広く支持される結果となりました。 ・ぐりとぐら絵のタッチも好きだし、物語にもわくわくドキドキが詰め込まれているから。(40代/女性/専業主婦(主夫)) ・グリとグラ。自分が小さい頃から知っていますが、絵がとにかく好きです。(30代/女性/正社員) ・は…<続き>

詳しく見る

保育士さんありがとう…あの場面が忘れられない!

子育てをしている家庭では、毎日が子どもを中心に回っているのではないでしょうか。怪我や病気など健康上の心配事や友達とのトラブルなどにハラハラする一方、ちょっとした変化で子どもの成長を実感することもあり、新たな発見が多いものです。 そんな日常生活で一緒に過ごす時間が長い保育士は、子どもにとっても親にとっても関わりの大きな、身近なパートナーといえるでしょう。一人ひとりの胸に残るような場面もありそうです。そこで今回は、どんなときに保育士に対して感謝の気持ちを感じたのか、アンケートで具体的に教えてもらいました。   さすが保育のプロ!子どもを見守るまなざしの温かさ アンケートの結果、自分の子どもをよくみてくれているという回答に次いで親自身が励まされたという回答が多く、さらに自分が子どもだったころの保育士の対応に感謝しているといった回答が続きました。 ・保…<続き>

詳しく見る

あなたは覚えてる?子どもの頃よく聞いた人気の童謡を徹底調査!

子どもの頃よく聞いた童謡を、大人になった今でもすらすらと歌えるという人は多いのではないでしょうか。童謡にはさまざまな種類がありますが、中にはとても好きでよく歌っていたものもあることでしょう。今回実施したアンケートでは、子ども時代に1番お気に入りだった童謡は何かを聞いてきました!その理由も合わせてご覧下さい。   明るい曲も暗い曲もランクイン! アンケートには実にさまざまな回答が寄せられましたが、「どんぐりころころ」と「森のくまさん」が人気のようです。 ・「どんぐりころころ」ですね。テンポのよさと、ストーリー性のある情景がイメージできる歌詞が好きでした。(20代/男性/個人事業主) ・森のくまさんです。保育園の先生達が曲に合わせながら劇をしてくれたことがとても楽しかった思い出です。(20代/女性/正社員) ・子どもの頃に聞いた童謡で一番お気に入り…<続き>

詳しく見る

どうすれば泣く我が子を笑顔にできるの?先輩達に聞いてみました!

「子どもは泣くのが仕事」という言葉はよく聞きますが、静かにしていなければならない場所や、周りにたくさん人がいる場所で子どもにわんわんと泣かれてしまうのは困りものです。泣きやませようとあの手この手を使ってもうまくいかず、途方にくれる時もあるのではないでしょうか。そこで今回は、子どもを持つ100人の親たちに、泣き止まない子どもを上手にあやす方法を教えてもらいました!   ひとつのやり方に縛られずさまざまな方法であやすのがポイント 歌を歌ったり抱っこをしたりと、さまざまな回答が寄せられたアンケート結果となりました。 ・自分のオリジナルソングを歌う。キョトンとして、いつの間にか泣き止んでいる。(40代/男性/公務員) ・タケモトピアノの宣伝を聞かすと不思議と泣き止み一日中上機嫌。(20代/男性/学生) ・たまにですが、お土産でもらった笛を吹くと、なぜか…<続き>

詳しく見る

どの幼稚園・保育園にしよう?選ぶ際の基準について調査を実施!

周囲に幼稚園や保育園が複数あり、どこに申し込めば良いのか迷う人も多いのではないでしょうか。人によって選ぶ際の基準は異なりますが、世のお父さん・お母さんはどのような基準で保育園・幼稚園を判断するのでしょう。保育園・幼稚園選びのポイントを知っておくと、保育士として保護者と接するときに参考になることもあると思います。 そこで今回は100名の親を対象に、何を基準に保育園・幼稚園を選ぶのかアンケートをとってみました。   やっぱり送迎のしやすさは大事!教育方針や管理体制も重視 アンケートの結果、最も多く人が基準にするのは「送迎のしやすさ」でした。次いで「教育方針」「管理体制」を基準として考える人が多いようです。 ・自宅から近く、通勤先の方向にある施設を探します。また、認可保育園を選びます。(20代/女性/正社員) ・家から距離が近いことと、園バスがあって…<続き>

詳しく見る

下記の検索条件で、さらに求人情報を探すことができます。

地域で求人情報を探す